長距離引越し

長距離引越し

長距離の引越しプラン

大手引越し業者では、全国のネットワーク網があるため長距離の引越しをおこなっています。

 

引越し先までの距離や引越しの種類により引越し料金が変わりますが、一貫したサービスのチャーター便引越しやコンテナ便などによって運搬方法が違います。
(下記の表を参考にしてください)

 

長距離引越しは、運搬に数日かかることもあるので事前に確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

1.チャーター便の引越し  

 

引越し先まで荷物を運んでくれます。(トラック)
途中で荷物を積み替えることがないため破損やキズが少ないのが特徴です。
運転手やドライバーは、搬出から搬入まで同じ作業員が行います。
その分、料金は高くなります。

 

2.中継・混載便の引越し

 

提携に引越し業者や系列会社に途中で荷物を積み替えて運搬します。
積み替え作業は依頼人不在で行いますので 業者によって荷物にキズが付くこともあります。
費用は安くなりますが、作業員も変わりますしリスクは大きくなりなります。

 

3.コンテナ便の引越し

 

荷物の搬出後、最寄りの駅でコンテナに積み替えます。
そして 再び引越し先の最寄り駅でトラックに荷物を積み替えます。
荷物の積み下ろしが途中で2回もあるため 一番リスクがあります。                 

 

 

 

長距離引越しの引越し料金

 

長距離だからといっても 通常のプラン同様オプションサービスの付加可能です。
梱包すべて行うらくらくプランなども人気があります。

 

引越し料金は、距離や人件費がほとんどをしめるので割引を踏まえた見積りをしてきます。
なので、他社と競合させながら値引きしてもらいましょう。

 

長距離引越し

 

 

長距離の引越し料金は、【時間制料金】と【距離制料金】に別れます。
どちらもドラックの大きさで基本価格が異なり、加えてオプションサービスの付加や高速代などの実費分が加算されます。

 

長距離引越し

 

 長距離の引越しをお願いする場合は、チャーター便や中継混載便・コンテナ便のどのプランにするかを決めてから比べてみるとイイですよ。
もし どの便にするか分からないときは、業者によって扱う引越し方法が違うので必ず確認して下さい。

 

中継混載便やコンテナ便は、比較的料金が安めですが日数がかかるので特に注意が必要になります。

 

ポイントは、はじめに複数の引越し見積もりをとってから値引き交渉すると安くなります。
引越し業者複数の、引越し見積りがわかるサイト(無料)利用するのも安くなるコツですね!

 

 

 長距離を取り扱う引越業者

 

・日本通運
・クロネコヤマト引越センター
・サカイ引越しセンター
・アート引越センター
・赤帽引越し便
 (大手引越し業者では、長距離引越しを適応するところがほとんどです。)

 

長距離引越し

 引越し見積もりサイトを推奨する理由

『HOME’S 引越し見積り』は、引越し業者130社以上の業者から一括見積りが可能。

引越料金は、最大50%OFF! 1度の引越し内容入力で数社一括見積りが取れる!

  サイトを利用者のほとんどの方が、「使ってよかった」と実感しています。

  引越し料金まとめて比較、お得な引越しに役だつサイトです。

たった数分でネットで便利に簡単無料見積りができるサイト! ⇒ 『HOME’S 引越し見積り

* 「引越し見積もりサイト」の使い方のページをご参考にしてください。

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 引越し業者ランキング 引越し業者の選び方 引越し料金値引き術 引越し業者厳選20社