引越し業者の選び方

安い引越し業者の選び方

安くて優良な引越し業者を選ぶ基準

引越し業者は、全国に約1000社ほどあります。この中から、ひとつに絞るのは非常に大変です。

 

 ■ 引越し価格で選ぶ
 ■ 引越しプランで選ぶ
 ■ アフターで選ぶ

 

上記の3つを重要視することが大切です。

 

安いだけでは、いい引越し業者とはいえません。
後でキズがついていたり、荷物が紛失したりのトラブルは避けたいですからね。
アフターもしっかりした業者がいいでしょう。

 

プランは、無料・有料のものがありますが、自分の引越しで便利で必要なサービスがある業者を選ぶようにしましょう。詳しくは、このページの表をご参考にして下さい。

 

 

安くて優良な引越し業者は、無料で見積りをしてもらった上で絞り込みながら比較して決めるとわかりやすくて良い業者が探せますよ。
ネットで同時に 各引越し業者の見積もりができますから利用するといいでしょう!

 

 

引越し業者を選ぶポイントは、「自分の希望にあった業者か?価格は適切か?」ということです。

 

事前準備に始まって、当日、的確な作業をするための「引越し業者を選ぶときのポイント」がいくつかあります。是非、あなたにあった「安くて優良な引越し業者」を選んでくださいね。

 

 

 

  引越し業者を選ぶときの3つのポイント 

 

 

 引越し料金の安さで選ぶ

 

引越し業者の料金は、値引きで半額になることもあります。

 

値引きのコツは、3〜5社の見積りをとって値引きさせることができます。
「今決めたら、〇〇円にします」とあまりに強く即答させる業者はリストから外しましょう。
本当に良心的な業者は、数日間は待ってくれますよ。(それだけ 自社に自信がある証です)

 

特に 引越しシーズン(3・4月)以外の時期は値引きしやすい時期でもあります。
他社と競合させながら値引き率をアップさせて下さい。

 

また、キャンペーンや時期などにより特典などもありますから こちらも比較検討するとよいでしょう。
(引越し料金だけで選ぶのは危険です)

 

(引越し価格を安くするためのページも参考に・・・。「引越し価格の値引き術」)

 

 希望にあったプランで選ぶ

 

見積り時点で自分の要望をしっかり伝えることも大切です。

 

下見の段階で 細かな点を伝えることにより詳しい料金の提示をしてもらえます。
他社の引越し業者との比較もしやすくなりますよ。
運搬時の養生や大型家具の梱包方法なども比較できますし、料金に見合った引越し内容なのかも分かります。

 

女性だけで引越しをするサービスや単身者向けの引越しなどの選択が必要です。
自分の引越し似合った最適なプランを提供してくれる会社が良い引越し業者と言えます。

 

 

 

 引越し業者の質で選ぶ

 

引越しでは、荷物のキズやヘコミ・紛失などのトラブルが多いものです。
万が一、トラブルが起きた時に慌てないよう 事前に補償に関する事項の説明があるかを確認する必要があります。
また、エアコンなどは専門業者に委託する場合もあるのでこちらも確認して下さい。

 

質のよい引越し業者は、社員の教育がしっかりしています。
大手引越し業者は、特に厳しい訓練を行いパスしなければ現場で作業できないような教育がされています。
それに加え、荷物などの補償制度も設けているのです。

 

 

 

安い,優良,引越し業者の選び方

自分にあった引越し業者選ぶ 第一段階は、・・・!

 

すべての引越し業者から見積りをとることは難しいですが、100社以上の業者から数社の見積りが一括確認できる無料の見積りサイトがありますから、このサービスを利用して3〜5社に絞り込むことができます。

 

絞り込んだ数社を決めてから 実際の見積り依頼をすると「安くて優良な引越し業者」が選べますよ!
*「引越し見積りサイト」の使い方は、こちらのページで説明しています。

 

 

 

 

安い・優良な引越し業者を選ぶための注意点

 

引越し価格が安くて良い引越し業者を探すために どんなことに気を付けたらいいかをあげてみました。

 

価格だけで選んだために 家具などのキズがついてしまったとか・追加料金がかかったなどでは良い引越しとは言えません。そこで「安さとサービスの両方が希望にあっている?」を確認してくださいね。

 

 

   絶対に注意してほしい引越しの裏

 

■ 引越し業者のトラックのナンバーは、一般的に緑色や黒野ナンバープレートです。
 (稀に白色のナンバーもありますが、陸運局の許可を得ていることもあります)
  基本、引越しトラックのナンバーは、緑ナンバーと黒ナンバーと覚えておきましょう。

 

■ よく、見積りの時に未契約なのでダンボールなどのサービス品を置いていく業者もありますが、
  注意しないと かってにキャンセル料を請求する悪徳業者もいるので気をつけてくださいね。

 

■ 安さばかりを売りにする業者は考えものです。
  高い割引率の引越し業者は、最初の見積りが高いだけで 
  結果他社より高かったなんてこともありますよ。
  引越し料金の相場を知るためにも 少なくと3社以上は見積りを取りましょう。

 

 

 

 

引越し確認事項

 

 見積りの詳細と金額があっているか?
見積りをしてもらった引越し価格とは別に追加料金を支払った例は意外と多いのものです。
「実質、高くついてしまった!」なんてならないように細かい点もしっかり確認をしましょう。
(梱包用のダンボールやエアコン設置の部品代など)

 

 

 作業内容の確認引越しの基本内容やオプションサービス・無料サービスなどは、見積時に確認をすることでスムーズに引越しができます。
引越し当日の流れを知っていれば、事前準備も楽ですよ。
できれば、しっかりと引越しの行程が書かれた書面を提示してもらってください。

 

電気器具の取り付けやピアノの運送などは、委託業者が行う場合が多いので取り付け日時や配送日時も確認が必要です。また、直接の連絡先は聞いておいたほうがよいですよ。

 

 

引越し資材などのサービス品について
多くの引越し業者は、前もってダンボールや布団袋などの無料サービスあります。
これらのサービス品の内容や提供される日時(宅急便や業者が直接配送)・不要になったダンボールの引き取りなども聞いておきましょう。

 

 

 作業時の人数をしっかり提示してもらいましょう。
当日の作業員の数は、事前に確認しておいて下さい。また。作業員が正社員なのかアルバイトなのかも確認が必要です。
レビューでも このようなクレームが結構ありましたので注意したほうがいいですね。

 

 

 トラブルについて
万が一、トラブルが起きたときの保証などについて確認して下さい。

 

 

 その他
突然の変更やキャンセルなどについても聞いておきましょう。
こちらの都合で変更したい場合の連絡先やキャンセル料・変更可能か?なども知っておくと慌てずにすみます。

 

 

安い,優良,引越し業者の選び方

  安い,優良,引越し業者の選び方

見積りサイトを利用するメリットは、「無料で一度に複数の引越し比較見積もりができる」ことです。

引越し価格が、最大50%も安くなる場合があります。

当サイトでは、利用者の多い「HOME’S 引越し見積り」のサービスを推奨しています。

私自身も実際に見積りサイトを利用して3〜5社に絞り込み、最終的な引越し業者を 決めています。

メリットは、絞り込んだ業者の料金を競わせることで引越の価格は安くなります。

利用者の94%以上の方が 見積もりサイトを使って希望の引越し料金になっています。

見積もりサイトは、引越し予定の方に大変役立つサイトなんですよ。

初めて利用する方は、「引越し見積もりサイトの使い方」のページを参考にしてください。

一括見積りが無料でできるサイトは、ここクリック↓ 

      

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 引越し業者ランキング 引越し業者の選び方 引越し料金値引き術 引越し業者厳選20社